【〜2022年】田中なおポートフォリオ

■月に344時間の時間外運転も。物流2024年問題と「宅配クライシス」/Forbes Japan

月に344時間の時間外運転も。物流2024年問題と「宅配クライシス」 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)
欲しいときに欲しいモノが届かなくなる物流の「2024年問題」が刻々と迫っている。小売・製造業などに携わる人にとっても、ジャストインタイムでの供給が困難になり、経営を逼迫させる可能性がある。そのうえ、物流費も高騰する見込みだ。2024年問題と...

世界的経済誌「Forbes」の日本web版「ForbesJapan」様に寄稿しました。物流専門誌ではなく、経済に興味のある一般の方が読者という視点を大事にしています。Twitterでは記事を読んでくださった方々から、2024年問題の解決策について意見が交わされました。企画〜執筆を担当。

■置き配指示で置き配されない深いワケ。再配達率削減なるか/Forbes Japan

置き配指示で置き配されない深いワケ。再配達率削減なるか | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)
「総合物流施策大綱(2021年度~2025年度)」の施策の進捗状況によると、2020年策定時10%程度であった宅配便の再配達率が、2021年には11.6%に上昇している。物流のはらむ課題の中で「担い手にやさしい物流の実現」を目標に国の政策の...

同じく「Forbes Japan」様へ寄稿した記事です。NewsPicksで注目を集め、Forbes Japan様のサイト内で記事ランキング1位を獲得しました。物流問題解決のために、一番消費者に消費者に近い「置き配」を題材にしています。この企画は「置き配を頼んだのに、置き配にならない(怒)」との他記事の読者の声から生み出しました。

夫婦・恋愛記事

老けないのはなぜ? いくつになっても可愛い女性の9つの特徴

「やっぱり可愛いいなぁ」夫が妻にときめく瞬間6つ | 恋学[Koi-Gaku]
永遠の愛を誓って結婚した相手でも、ときめきを維持して日常生活を送るのはなかなか困難です。「夫にもっと女として見られたい! 」と感じる人もいるのでは? 今回は長い結婚生活でも、夫が妻にときめく瞬間のエピソードをまとめました。ぜひ参考に、夫をときめかせる作戦を立ててみましょう!

30代以降や既婚女性の反響を生みやすい傾向にあります。この記事はアンケートを募り、リアリティーにこだわって執筆しました。SmartNews、TRIL、modelpressにも掲載。

アンケート部分は感情や背景を残しながら編集。ターゲットの共感を得られるエピソードを厳選しました。

その結果、Twitterでも拡散されるなど反響を呼び、公開2日間でTRIL上約123,000PVを記録しています。企画案をいただいたうえで構成〜WP入稿(装飾なし)まで担当。

語彙解説

「重ねてお礼申し上げます」の意味は? 使い方を例文とともに紹介/マイナビウーマン

ビジネスで使える。「深い感謝」を伝える表現
「重ねてお礼申し上げます」は、深い感謝の気持ちを伝える際に使えるフレーズです。使い方に自信はありますか? 今回は「重ねてお礼申し上げます」の使い方や言い換え表現を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました